テーマ:本とのパートナーシップ

○ 木の上に立って見るからね・・・

   木の上に立って見るからね・・・   本日は西宮私立みそら幼稚園講演会。   親子参観の次のプログラムとして   用意していただいた。   しっかりと子育てというより、   自分育てをお話させていただいた。   元気いっぱいの親御さんがいらっしゃるから   子どもも元気になれる・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 続けるチカラのために

    続けるチカラのために     健康のために、そして     メンタル(心)を強くして続けるチカラをつけ     勇気付けたいと思い、     ジョギングインストラクター資格を取得し、     新しい事業をはじめました。    「メンタル(心的)サポートで続けるジョッギング教室」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

▼ くまの気もち・・・

     くまの気もち・・・     テレビの情報番組で     絵本を紹介していた。     その紹介本で     「くまとやまねこ」を紹介していた。     その本のストーリーを     簡単に紹介すると・・・     くまさんが仲良くしていた     小鳥さんが死んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎ 毎日0.2%の違いを創る・・・

   毎日0.2%の違いを創る・・・   何か成果は見えないけど、   やることがある。   困惑ぎみなココロとカラダの   状態になったら?   どう考える?   全部を一機に転換しようと思うと無理がある。   0.2%ずつ改善しよう!   ビジネス書のカリスマ、勝間さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

▽ いい加減はいい加減???

    いい加減はいい加減???    みなさんは「いい加減」と聞いて、    どんなイメージが浮かぶだろう?    さぞかし、いい加減なヤツ、などと    軽くて無責任なありさまを想像するだろう。    確かに意味はそのとおりだ。        だがしかしもうひとつ意味があるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 気は使うものではなく・・・

   気は使うものではなく・・・   久しぶりに筆をとった。   一筆入魂をメッセージとして表現。      仕事柄メッセージや詩集の本をよく読む。   最近響感したメッセージがある。   「気は使うものではなく遣うもの    気は自分が使ってはいけません。    相手に遣わすも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

○ 感・・・ 

      感・・・    今日は「感」。    感は感じるということ、    感じるには    いろいろなアンテナを張って    そのメッセージをくみとること。    もっとsense upをめざして・・・     センス・オブ・ワンダー新潮社 レイチェル・L. カーソン ユーザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ 集団の相互作用・・・

    集団の相互作用・・・    集団グループが発達するときは    どんな機能がでてくるのか?    あらためて考えてみた。    社会心理学者のギブは4つの懸念が    グループに相互作用を起こしていると    説いた。    ①受容懸念      グループの一員としてメンバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

△ 願いごとは・・・

     願いごとは・・・     本日は七夕、願い事を短冊に・・・とまでは     いかなくてもみなさんはやりたいことや     ほしいものへの執着はどんな感じだろうか?     たとえば紙上にそれらを書き出して、     スケヂュール化。     ふつうに考えればそういうことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ 創造的環境のこだわり・・・

      創造的環境のこだわり・・・      グーグルという会社、      インターネットをしているみなさんは      誰もが知っているITの会社である。      この会社いうまでもなく      IT業界で躍進を続けている。      この躍進の支えとなっているのは    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◇ 時間割の時間・・・

   時間割の時間・・・    何かの行動を起こすとき   感情が邪魔をして   行動をおこせなかったりなど   経験はないだろうか?   人間誰しも   感情の上げ下げによって   その行動も左右される   場合が多い。   それは人間として   自然な行動として捉えられる。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

☆ どうせ・・・

    どうせ・・・    どうせって、いうことば。    自分を卑下したり、言い訳気味の    感じで使ったりする。    では、どうせ同じ時間なら    精一杯やろう!と    ちょっと開き直りぎみの発言が    起爆となり、集中力を    感じたりする。    いい意味で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

○ あごをひく・・・

    あごをひく・・・    最近リラックスについて    考えることがある。    特に呼吸について。    本によれば    あごをひくだけで    換気量が75ml増えるような    ことが書かれてあった。    ~参考:はじめての呼吸法~    またあごをひくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★ あはあは・・・

     あはあは・・・    あはあはは往年の    せんだみつおギャグではない。    アハアハは    最近脳トレが    頭を活性化するとして    注目となっている。    特にテレビで茂木健一郎氏が    行う図や写真によるアハ体験は    興味を寄せるものがある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◎ Be Do Haveの関係

 コーチングにおける人が行動を起こす動機は   Be Do Haveの3つに分類できるといわれている。   たとえば得たいもの=Haveを「資格をとりたい」としよう。   すると、したいこと=Do、は勉強を半年続けること。   あり方=Beは、満足できる自分を得ること。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■メモ帳をポケットに入れる

今日4/1、新しい2008年度のはじまりだ。   なりたい自分に向けて・・・   まず「メモ帳」をもって、何でも記そう   ~「もっとなりたい自分になる100の方法」 中山庸子 著      を参考にさせていただきました。   最近電車広告を良く見る。   特に雑誌や本のタイトルなど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★気持ちをうまく伝えるトーク術

気持ちをうまく伝えるトーク術とは?    1.自分や相手ならびにその場を客観的に見ている   もうひとりの自分がいる  2.たとえがオリジナルでわかりやすい  3.会話を強引にいい話としてまとめようとしない  4.暗い話だと軌道修正ができる  5.ことば以外のコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

▲子育て

 子育て  魚をもらって一日生きられる  魚の捕り方を教えてもらえれば  一生生きられる  とって与えるよりも  捕り方を教えてあげる方が  大切だと   何かの本に書いてあった  だから私は  毎週日曜日に子どもたちを  連れて  釣りに行く  ん???…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●ピンチの裏側

ピンチの裏側  神様は決して  ピンチだけをおあたえにならない  ピンチの裏側に必ず  ピンチと同じ大きさのチャンスを  用意して下さっている  グチをこぼしたり ヤケを起こすと  チャンスを見つける目がくもり  ピンチえお切り抜けるエネルギー  さえ失せてしまう  ピンチは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

●ファシリテーションは思考力と対人力の統合スキル

{ 「ファシリテーションは対人能力と思考力の統合スキルです・・・」  ~「システム開発現場のファシリテーション」新岡優子、前川直也、西川誠、    小田美奈子、上田雅美 著 技術評論社 から引用させていただきました   会議をすすめる能力には対人と思考の2つの要素が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★学びを稼ぎに変える技術

 「学びを稼ぎに変える技術」 藤井孝一+森英樹著 を読んだ。  私たちは自分の能力スキルを高めるために 習い事を行う。 新しいことを学ぶことは楽しくしてくれる。  しかしそれだけでは学んだうちにはならないというのが この本のエッセンスだ。 言い方をかえれば、稼ぐ技術をもっていれば、 とこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニケーション力とは?

「近年社旗全般でコミュニケーション力という言葉が 使われるようになりました。・・・・・」 という書き出しで、「親と教師のためのやさしいコーチング」の 本ははじまっている。 筆者の大石良子さんは教師経験を生かし コーチングの普及に努められている。 本の中では学校や子どものかかわり方のスキルを ていねいに書き上げ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右脳と左脳を活用するための行動

昨日から図式化による 右脳の活性化について本やトレーニングを 重ねているが、今日は新プラス思考。 「図で考える人は新プラス思考で3倍仕事がうまくいく」を 読んで以下のことを考えてみた。 まず新プラス思考とは、 1.従来からのプラス思考につけたし目標を設定する 2.図を使うことで感覚的、瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんばっているのに「がんばれ!!」は?

がんばっている人に対して 「がんばって!!」という当たり前の状況に思えるなか がんばっている本人にとって、 さらに追い討ちをかける 掛け声では???と思う。 冨山の心療内科の明橋先生曰く。 「もっとがんばれよ!といわれれば、 相手をおいつめていることになり、 がんばっていることを承認しがんばっているね! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割り箸=環境問題?

環境問題は世界的な課題である。 身近なとりくみで MY箸を使う人が増えてきた。 MY箸を使うことによって 森林伐採を少なくするなども考えられる。が 間伐財を使った箸であればむしろ消費することで 価値がある。また経済効果もある。 環境問題は複雑多肢だ。 これがいいということが断定できなくなってきた。 環境問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more