カウンセリングの完了

画像


本日日本産業カウンセリング養成講座を修了した。というより、コーチングでいう完了だ。

この講座は4月の8日からはじまり、
私は岡山会場で受講してきた。
早いもので7ヶ月はあっという間に過ぎていった。

そもそもコーチングに生かすカウンセリングと言う目的で
はじめたものだが、コーチングというより、自分に生かされた
ものだった。
俗にカウンセリングは傾聴による治療的行為を施すイメージが
強い。それは決して間違いではないが、ほんの一部でしかない。
カウンセリングによって出た言葉は、その言葉の裏にある
感情の見えない、もう一つの自分が存在しているようだ。
無意識の境地であろう。

そのことに気づいた自分は覚醒が起こる。
そしてその覚醒は次のステップとしての行動や変革が起こっていく
のである。
コーチングでいえばエンパワーされた自分が存在する感じである。

今日養成講座は完了したが、本番の資格試験も残っている。
いいベクトルの動きを感じつつ次のステップに行動したいものである。


夢を夢で終わらせないための産業カウンセラーの仕事 (DO BOOKS)

この記事へのコメント

okazu
2007年11月30日 10:08
山上さんはえらい!
いつも前向きで励まされています。いつも後ろ向きな私にとって元気をくれる人ですね。今年はお会い出来ませんでしたがまた、PWご一緒できれば幸いです。

この記事へのトラックバック