環境教育シンポジウム

10/13-15まで公園緑地管理財団主催の
環境教育シンポジウムに参加した。

ゲストにアメリカからプロジェクトワイルドコーディネーター
のCAPPYさんを招待し行われた。

やはりアメリカと日本の教育土壌が違うことをひしひしと
感じた。アメリカでは学校とのタイアップで
いろいろな展開を行っている。

アメリカ文化を10年後に日本は入ってくるといわれている。
しかし現在の教育行政では難しそう???
環境教育のすすめ

この記事へのコメント

okazu
2006年10月30日 22:56
10/18宮崎赤江養護学校で「How many Frogs Can Live in this Pond?」やりました。先生方が本気でカエルになってくれました。巻き笛は「トイザラス」のパーティグッズコーナーにありました。虫は「生息地ブリッジ」のトカゲの食べ物を拡大コピーしてマジックテープを貼りました。

この記事へのトラックバック